幼児教室や習い事でお悩みの方へ│小学校受験対策として大切なこと

女の子

知育系と受験対策系とは

小児

自由が丘にお住まいの方のなかには、子どもを幼児教室に通わせたいと考えている方がいるようです。しかし、どのような教室を選んだらいいのか分からない、という方も一定数います。そのような方は、まずは教室の系統を知っておくことが大切になります。多くの教室では、知育系か受験対策系に分類されるようです。

知育系と一口に言っても、そのなかでもかなり細かい数に分かれます。教室によって学習内容が大きく変化することが特徴といえるでしょう。むしろ、これは習い事と言った方が近いのかもしれません。したがって、昔から自由が丘にあったピアノ教室や水泳教室といった習い事は、大きな意味で知育系幼児教室と言っていいでしょう。しかし、厳密に言えばそれは違います。その対象年齢は未就学児童だと言われているのです。なので、幼児教室と一般的な子どもの習い事との違いは、カリキュラムが幼児に特化しているか否かという点です。一般的な習い事は、カリキュラムとして小中学生、さらには高校生まで組まれていることがあります。しかし、幼児教室では就学前の子どもにいい影響をもたらすように、カリキュラムが組まれているのです。自由が丘にある英会話教室や体操教室、絵画教室などの対象が幼児だった場合、それは知育系の教室といえるでしょう。

一方の受験対策系の幼児教室は、基本的に小学校受験を最終目標にしています。そのため、学習内容は受験勉強に特化されており、知育系よりピリピリした環境のなかで行なわれます。地域未着型の受験対策系教室は、自由が丘で実施される小学校入試の傾向を細かく分析しており、どの学校でも対応できるようにしています。そのため、どうしても子どもを合格させてあげたいという方は、このような教室に入れることをおすすめします。