幼児教室や習い事でお悩みの方へ│小学校受験対策として大切なこと

女の子

好きなものをやらせよう

遊ぶ子供

子どもに、習い事として何かスポーツをやらせたい、と考えている方は増えています。スポーツといえば、男の子であれば野球やサッカー、水泳などが人気です。しかし、最近の習い事は多様化しており、皆で同じスポーツを習うという機会は徐々に減りつつあります。スポーツの目的の一つとして、体を動かすことで成長を促しつつ、加えて精神的なゆとりを持たせるという点が挙げられます。この目的を達成することができるのであれば、たとえマイナーなスポーツでも構わないようです。それよりも大切なことは、子どもが楽しんで参加しているか、という点になります。子ども興味を持たないものは、すぐにモチベーションが下がってしまいます。習い事はあくまで学校以外の人生経験を深めるためのものであり、強制的に習わせる必要はない、と言われています。無理に続けさせると、かえって子どもはダラダラと時間を浪費することを覚えてしまうようです。そのため、もしマイナーなスポーツをやりたいと言ってきても、理不尽に反対するのではなく、子どもの意見を尊重してもいいでしょう。

習い事として話題になっているのがボルダリングです。これはクライミングと呼ばれるスポーツの一種ですが、女性や子どもでも簡単に参加できるものだとされています。バランス感覚や筋肉を鍛えることができるので、姿勢などがよくなるという報告もあります。また、トランポリンなども子どもに人気のスポーツとなっています。飛び跳ねるだけの全身運動だと思われがちですが、体の動きを変えながら跳ねると、体力を消耗すると言われています。このように、現在ではマイナースポーツでも簡単に参加することができるので、興味がある方は調べてみましょう。